インボイス制度で変わる!建設業の請求書作成のポイントと注意点

中小事業主マガジン

この記事はこんな人にオススメ

  • 建設業を経営しているあなた
  • インボイス制度について詳しく知りたいあなた
  • 請求書の書き方に困っているあなた
  • 請求書作成を効率化したいあなた

建設業とは

建設業とは、建物をはじめとする構造物を新築、改築、増築、解体、修理する事業を指します。具体的には、住宅、店舗、オフィスビル、工場、橋梁、トンネル、道路、港湾など、様々な施設を建設しています。

建設業の基本知識

建設業は、大きく分けて「ゼネコン」と呼ばれる総合建設業者と、特定の工事に特化した「専門業者」に分けられます。ゼネコンは、設計から施工まで一括して請け負うことが多い一方、専門業者は、鉄筋工、電気工、水道工、塗装工など、それぞれの専門分野の工事を請け負います。

建設業の種類と特徴

建設業は、さらに細かく分類すると、以下のような種類があります。

  • 建築工事:住宅、店舗、オフィスビル、工場などを建設する工事
  • 土木工事:道路、橋梁、トンネル、港湾などを建設する工事
  • 植栽工事:公園、庭園、緑地などの植栽を行う工事
  • 解体工事:建物や構造物を解体する工事

それぞれの工事には、必要な知識や技術、資格などが異なります。

建設業の適格請求書とは

インボイス制度において、適格請求書とは、課税事業者が発行する請求書で、以下の情報を記載したものを指します。

  • 登録番号
  • 課税事業者名の欄に「適格請求書発行事業者」の記載
  • 取引年月日
  • 取引先事業者名
  • 課税対象となる取引内容
  • 課税対象となる対価の額
  • 税率ごとの課税対象となる対価の額
  • 消費税額
  • 適格請求書発行事業者の登録番号

適格請求書を保存することで、仕入税額控除を受けることができます。

インボイス制度の概要

インボイス制度は、2023年10月1日から施行された制度で、消費税の仕入税額控除制度をより適正化するために導入されました。

インボイス制度の主な特徴

  • 適格請求書を保存しないと、仕入税額控除が受けられない
  • 課税事業者であれば、登録申請をして適格請求書発行事業者になることができる
  • 免税事業者から購入した場合は、仕入税額控除が受けられない

インボイス制度の登録方法

インボイス制度の登録方法は、以下の2通りがあります。

  • 国税庁のオンライン申請システムを利用する
  • 税務署に提出する

▼国税庁のインボイス特集サイトはこちら

特集 インボイス制度
国税庁のインボイス制度についてのページです。

インボイス制度の課税に関する注意点

インボイス制度では、以下の点に注意する必要があります。

  • 適格請求書を発行するには、適格請求書発行事業者である必要がある
  • 適格請求書を保存するには、所定の保存方法に従う必要がある
  • 免税事業者から購入した場合は、仕入税額控除が受けられない

適格請求書の作成方法

適格請求書は、以下の情報を記載する必要があります。

適格請求書の書き方のポイント

  • すべての項目を正確に記載する
  • 課税対象となる取引内容を明確に記載する
  • 税率と消費税額を正しく計算する
  • 登録番号を記載する

適格請求書の無料テンプレート活用法

国税庁では、適格請求書の無料テンプレートを公開しています。テンプレートを利用すれば、簡単に適格請求書を作成することができます。

適格請求書作成のための必要事項

適格請求書を作成するには、以下の情報が必要です。

  • 登録番号
  • 課税事業者名の欄に「適格請求書発行事業者」の記載
  • 取引年月日
  • 取引先事業者名
  • 課税対象となる取引内容
  • 課税対象となる対価の額
  • 税率ごとの課税対象となる対価の額
  • 消費税額
  • 適格請求書発行事業者の登録番号

請求書の発行と管理

請求書発行の手順と注意点

請求書を発行する際には、以下の手順に従います。

  1. 取引年月日、取引先事業者名、取引内容、課税対象となる対価の額、税率、消費税額などを記載する
  2. 請求書に署名または記名押印をする
  3. 請求書を2通作成する。1通は取引先へ渡し、もう1通は自社で保存する。
  4. 請求書の保存期間は、7年間です。

請求書管理の効率的な方法

請求書を効率的に管理するには、以下のような方法があります。

  • クラウド会計ソフトを利用する
  • 請求書専用のファイリングシステムを導入する
  • 請求書を電子化

請求書作成システムの導入メリット

請求書作成システムを導入すると、以下のようなメリットがあります。

  • 請求書作成の手間を省くことができる
  • 請求書のミスを減らすことができる
  • 請求書の発行状況を把握しやすくなる

建設業におけるインボイス利用法

建設業界でのインボイス活用事例

  • 下請業者から適格請求書を受け取ることで、仕入税額控除を受けることができる
  • 元請業者から適格請求書を発行することで、課税仕入税額を正確に計算することができる
  • 適格請求書を保存することで、税務調査の際に備えることができる

建設業者のための最適なインボイス送付タイミング

  • 工事完了後すぐに送付する
  • 請求書締め日までに送付する
  • 毎月まとめて送付する

建設業とインボイス制度の規定適用

建設業は、インボイス制度のすべての規定が適用されます。

消費税に関する留意点

建設業での消費税計算方法

建設業での消費税計算方法は、工事請負の場合は請負代金に、物品販売の場合は販売代金に課税されます。

建設業者の消費税対策

建設業者が消費税対策としてできることは、以下の通りです。

  • 適格請求書発行事業者になる
  • 課税仕入税額を正確に計算する
  • 請求書を保存する
  • 税務調査に備える

消費税軽減措置と建設業界の関係

建設業界では、以下のような消費税軽減措置があります。

  • 住宅の零税率
  • 耐火断熱性能等向上住宅の軽減税率
  • 省エネルギー設備導入住宅の軽減税率

建設業の請求書簡易化のヒント

建設業の請求書作成の手間を減らす方法

建設業の請求書作成の手間を減らすには、以下のような方法があります。

  • 請求書テンプレートを活用する
  • 請求書作成ソフトを利用する
  • 外注する

建設業での請求書書類の標準化

建設業での請求書書類を標準化することで、以下のようなメリットがあります。

  • 請求書作成の手間を減らすことができる
  • 請求書のミスを減らすことができる
  • 請求書の処理を効率化することができる

建設業のための請求書テンプレート活用法

建設業のための請求書テンプレートを活用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 請求書作成の手間を減らすことができる
  • 請求書のミスを減らすことができる
  • 請求書の体裁を整えることができる

建設業法に基づく請求書の重要性

建設業法で定められた請求書の義務

建設業法では、請負業者は元請業者に対して請求書を発行することが義務付けられています。

建設業法違反を回避するための請求書作成ポイント

建設業法違反を回避するために、請求書を作成する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • すべての必要な項目を記載する
  • 正確な情報を記載する
  • 請求書を2通作成する
  • 請求書を保存する

建設業法改正と請求書に求められる内容

2022年4月に施行された建設業法改正により、請求書に記載する必要がある項目が追加されました。具体的には、以下の項目が追加されています。

  • 工事の名称
  • 工事の場所
  • 工事の請負代金
  • 消費税額
  • 支払期日

まとめ

インボイス制度は、建設業にとっても重要な制度です。適格請求書を正しく作成し、保存することで、仕入税額控除を受けることができます。また、請求書作成ソフトなどを活用することで、請求書作成の手間を減らすこともできます。

建設業法では、請負業者は元請業者に対して請求書を発行することが義務付けられています。請求書を作成する際には、すべての必要な項目を記載し、正確な情報を記載する必要があります。

インボイス制度と建設業法を理解し、請求書を正しく作成することで、節税対策や法令遵守に役立てることができます。

監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
   
error: Content is protected !!