【リアルなお客様の声を公開】後悔した!労災保険、軽率にやめるべきじゃなかった・・・

中小事業主マガジン

現場にでなくなったから労災保険抜けたけど・・・

従業員を雇うことになり、しばらく自分は現場に入ってなかったんですが、
代表の自分もやっぱり現場に入らなきゃいけない時がありまして。
それでもともと一人親方の時から入っていたRJCさんで中小事業主の特別加入に切り替えしました。

入ってからすぐ必要だった現場は3ヵ月くらいで終わったんですよ。
その次の現場では、従業員に任せておけばよくて。
代表の自分は現場に行かなくてよかったんで、
もう必要ないかなと思って、途中解約なら少し返金もあるかなと思って脱退したんです。
また一人親方の時みたいに、必要になったら入り直せばいいやと思ってたんですよね。


また現場に入らなきゃいけなくなって、労災保険も入り直すことに・・・

ただ、また次の大手のゼネコンさんの現場では、やっぱり代表の自分も入らないといけなくなってしまって。
労災にまた入り直そうと思ったんです。
そしたら、再加入の度に会費が必要だと知りました。
また申込しないといけないし、書類も出し直しになったりで。


労災保険入り直したら結局、手間もお金もかかった!入ったままにしておけばよかった

一番大きいのは、RJCさんの場合、4月に入っても、年度の途中で入っても同じ会費だということを知って。
それなら辞めずに、ずっと入ってた方がお得だなと思いました。
代表が現場入るかなんて、最初からなかなか分かっていることではないけれど、
ずっと入っておいたほうがお得なら、軽率にやめなければよかったなと思いました。
それに、RJCさんに電話してみて、もともと中小事業主の特別加入自体が、短い期間で入ったりやめたりするものではない
と知りました。一人親方と違って、事業をやっているわけだから、考えたら当たり前ですよね。

年度更新も、申込の時に登録した口座から振替してもらたり便利なんで
今度はRJCさんで引き続き加入しておこうと思います。


監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
error: Content is protected !!