【リアルなお客様の声を公開】他の組合と比べてました。決め手はスピードです。

中小事業主マガジン

労災保険番号をすぐもらえるところで申込みしたかった

ネットでいろいろ見ましたし、地元の組合にも聞きにいきました。
他だと加入までに時間が2週間くらいだったかな、かかると聞いて。
実は急遽、代表の自分が現場に入ることになったから
労災保険番号を明日にでも元請けに提出しなくちゃいけないと言われて。
だからすぐもらえるところで申込みをしたかったんです。


労災保険番号発行までにここまで早いところって、他にない

明日までに労災保険番号なんて、出せるところあるのかなと思いながら、
かなり焦って、まずネットで検索してみたんです。
そしたら、RJCさんのHPには「明日までに労災保険番号がわかる」って書いてあって、
ここだ!と思って電話してみました。

オペレーターの方に聞くと、
書類と入金が今日のお昼までに揃えば、今日中でも番号出してくれるって聞いて
とりあえずほっとしました。
なかなかここまで早いところって、他にないので。


現場にも無事は入ることができて助かりました

書類といっても、自分は法人なんで、自分の運転免許証だけで良かったんです。
結局、朝電話して午前中に振込したら、その日の午後に労災保険番号がもらえたんですよ。
現場にも無事は入ることができて助かりました。
後日届いた会員カードも、キャッシュカードみたいにプラスチック製のしっかりした物で。
高級感もあるし、きちんとしたところに入ってることを証明できるので。
もし周りで同じように早く入りたい人がいたら、紹介しようと思ってます。

監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
error: Content is protected !!