「必要なときだけ」依頼できる!RJCは社労士への顧問料が不要

中小事業主マガジン

\この記事はこんな方におすすめです/

・無駄な顧問料を払いたくない

・苦手な事務仕事だけ社労士に頼んで、本業に集中したい

・顧問社労士の掲載だけ依頼したい事業主さん

顧問契約を結んだはいいが、顧問料ってこんなにするの!?

従業員を雇うことになったら、雇用保険や社会保険に加入させるのが事業主の義務ですね。

そうは言っても、忙しい事業主のみなさまが自分で手続きするのは大変です。

従業員が増えるたびに書類を揃えたり、何度もハローワークなどへ足を運ぶのは、時間も手間もかかります。

そんな時、顧問の社会保険労務士がいれば安心です!

しかし、社労士と顧問契約を結ぶと、一般的には毎月の顧問料がかかります。

顧問料は社労士事務所によって異なりますが、数万円から数十万円程度かかるのをご存じでしょうか。

例えば、従業員数が10名で、雇用保険や社会保険の手続きの代行と、労働法に関する相談を顧問契約で依頼する場合、月額の顧問料は2万円から5万円程度が相場となっています。

しかし、月額で社労士顧問料が発生していても、毎月必ずしも人の出入りがあるわけではありません。

月額で支払う顧問料は経費としてはかなり大きな出費となります。無駄な顧問料を払うなんてもったいないですね。

コストはどんどん省きたいのが本音ではないでしょうか。



顧問契約はさけたい、でも手続きはしてほしい

そんな時、RJCにお任せください!

RJCでは、社労士の顧問料はいただいていません!

雇用保険や社会保険が必要になるときだけ、スポット依頼ができます。

雇用保険を初めて設置する方は初回のみ40,000円(税別)、入退社一人につき、3,000円(税別)でご依頼いただけます。



社労士と顧問契約するとどうなる?


会社として「顧問社労士」として会社様のホームページ等に掲載したい、という事業主様からのお声もよく聞きます。

顧問の社労士がいるということは、会社として信用度がアップするのは間違いありません。

そんな時も、RJCにお任せ下さい。どこよりもお安く月額3,000円(税別)で掲載していただけます

既にRJCへご加入された方も、是非お問い合わせください!RJCは中小事業主の皆さまのお力になります。

スポット型社労士サービス

建設業専門!社労士に関わるすべての業務をスポット(単発)で依頼ができます。

監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
error: Content is protected !!