【リアルなお客様の声を公開】元請から一人親方保険のままではダメだと言われたんです

中小事業主マガジン

従業員を現場に連れてくるなら中小事業主の特別加入になるって言われて

今まで一人親方だったんですけど、中小事業主で人を連れて行くのに元請けから
それではだめだと指摘されました。

先月から雇った従業員を現場に連れてくるなら中小事業主の特別加入になるって聞いて。


会社の規模は変わってないから一人親方労災保険のままでいいかなって思ってた

今まで労災保険は、一人親方に入ってたんです。
去年独立してからずっと自分一人でやってたんですけど、
おかげさまで事業も大きくなってきて。
いろいろ仕事も頂けるようになってきたんです。

それで先月から一人従業員を雇うことにしたんですが、
まだ一人雇っただけだし、規模としては大きく変わったわけじゃないから、
一人親方労災保険のままでいいかなと思ってた
んです。

でも、元請けから今の労災保険じゃだめだよと指摘受けまして。

「従業員と一緒に現場に入るなら、従業員の人数は関係なく一人親方じゃなくなる、中小事業主の労災に入ってきて」「一人親方労災保険のままだと現場に入れないよ」と。
それでネットで調べたら、RJCさんのHPにも、同じこと書かれてて電話してみたんです。

現場には入れないと言われて焦ってたんですが、RJCに電話したら…

やっぱり電話でも、従業員を雇ったら中小事業主の特別加入に切り替えが必要だって言われました。
電話の案内も分かりやすかったし、何より今日振込まで完了すれば、今日労災保険番号出るっていうのが、
本当助かりました。

元請けに指摘受けて、すぐ現場も始まるのにどうしようかと思って焦ってたんで。

あと、従業員も一緒に保険に入るのかなと思ってたけど、違いました。
従業員は、雇用保険の手続きをすれば、元請けの現場労災が適用されるって、
RJCさんに教えてもらいました。

その辺の知識が、曖昧だったんで聞いてみてよかったです。

従業員を無保険で現場に連れていくところだった

雇用保険も、なかなか忙しくて自分でハローワークとか行けないんで、
一緒にRJCさんにお願いすることにしました。

自分もだけど従業員にもちゃんと雇用保険かけることもできたんで電話してよかった。
いろいろ手続きしてもらえて、しかも早くて、助かってます。

監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
error: Content is protected !!